FC2ブログ

大悲閣千光寺 お月見と法話の会

今年も去年に引き続き、秋の観月会を千光寺さんで開催しました。

このイベントは、嵐山の奥にたたずむ大悲閣千光寺で、まあるい月を眺めながら住職さんのお話を聞き、座禅を組むというものです。普段はなかなか見ることができない夜の嵐山を体験し、嵐山の新しい魅力を発見してもらえばとおもいます。


パンフ


この日はちょうど満月、雲ゆきを気にしつつ月がちゃんと出てくれることを願っておりました。
というのも、去年の会はとにかく寒くって雨もぱらぱら降ったりやんだりと天候に悩まされた記憶があるので、今年はどうかなぁと朝から心配したのです。
今年はラッキーなことにお天気はばっちりで、千光寺の大きな窓から、山の端からぽっかり浮かんでくるまあるい月を拝むことができました。



昨年は京都や大阪、滋賀の学生さんに声をかけて参加者を募ったのですが、今年は嵐山に来られている一般の方に来ていただきました。
当日はパンフレットなどを見て興味を持ってくださった20名弱の参加がありました。
ありがとうございます!



さて当日、嵐電の嵐山駅に集合して、いざ千光寺を目指して歩き始めます。
千光寺は嵐山の中腹に位置するお寺で、渡月橋から歩いて20分くらい。
だんだん暗くなっていく川沿いの道を、懐中電灯のかよわい光で歩きます。


千光寺に至る最後の登りがきついのですが、最後の最後に、お手製の竹燈篭が道を示してくれています。

400a2.jpg


息を切らして登って来られた参加者の方々は、お堂から見られる京都の街の夜景と、その上にぽっかりと浮かんだ満月にしばし見入っておられました。
ここからがこのイベントの本番なのですが、この風景と、山とお寺の雰囲気で十分来てよかったと思ってもらえると思います。

今回は法話に加え、座禅を体験させてもらいました。スタッフをはじめ、みなさん座禅は初体験。住職さんに簡単に心構えを教えていただきいざ目を閉じ15分。

精神を統一し、心を落ち着ける15分なのですが、ダメダメな私はいろいろな思いが心をよぎり、たった15分が長い長い時間に感じられました。
みなさんそれぞれがいろんな長さの15分を体験されていたのでしょう。

座禅の後にはお茶とお菓子をいただきました。座禅の後にいただくお茶とお菓子は、また格別。
固くなってた体をほぐしてくれ、心をほっとさせてくれました。


400a1.jpg

(真ん中、奥におられるのが住職さん。窓の外には京都の夜景が見えます。)


その後、住職さんから仏教の教えについてや、修行時代のことを聞かせていただき、また、参加者からの質問にも丁寧に、そしてなるほど~と思うようなお答えを多々いただきました。

仏教における「無」の思想や、輪廻転生を望むかどうか、などなどほんとに興味深い話が次々と出てきました。

最後にもう一度15分の座禅にトライし、あっという間の2時間が終わりました。
二度目の座禅は全体にすごく良く集中できていたと住職さんにほめていただき、充実した、ほっと温かい空気で会を終えることができました。

千光寺さん、いつも私たちの活動を見守って、そして温かく協力してくださり本当にありがとうございます。
スタッフみなさんも準備から、裏方の仕事、かたずけまでお疲れ様でした。
(一番下っ端なのに上から目線ですいません。(笑))

今回の観月会、無事に終わって何よりです。
そしてみなさん満足して帰っていただけたのでは、と思っています。

今年の観月会でもまた、嵐山にまだまだ潜む魅力の可能性を参加者の方に
感じてもらえ、かつ私たち自身も、夜の魅力を再認識する機会になりました。

今後もリサーチやイベントを重ね、活動をさらに厚みのあるものにしていけたらと思っています。




written by fujiwara
スポンサーサイト



お月見と法話の会2010

もう1年も前ですが、千光寺にて観月会を催しました。

http://sapj.blog11.fc2.com/blog-entry-6.html

このイベント、今年も今週末にやります!
今年は座禅、法話など、お寺ならではの内容が盛りだくさん。
個人的にも楽しみでなりません。


さて、昨年は「冬一番」とでも言うような寒波&雨になったのですが、
今年は無事にお月が見れるのやら…!?

今のところ晴れの予報ですが、こればかりはわかりません。
なにせ「嵐の山」ですから…。



written by Kita

千光寺 秋の観月会

“ 夜の嵯峨嵐山の魅力を発掘しよう ”
ということで、千光寺というお寺で秋の観月会を開きました。


嵐山の奥深いお寺で、月明かりのもと、住職の法話を聞いたり
お団子を頬張りながら満月を眺めたりして嵐山の夜を楽しもう!
という企画です。


当日(11月2日)は雨のぱらつく肌寒い夜でしたが、京大、阪大、立命館の
学生約20人に参加していただきました。
寒い中ほんとにありがとうございました!


IMG_8444_R.jpg
(京福電鉄嵐山駅に集合。)


さて当日は京福の嵐山駅に集合してぞろぞろと出発。


千光寺までは駅から歩いて2、30分と少し離れた場所にあります。

渡月橋を渡って保津川沿いに歩いて行くのですが、電灯のない道なので
月明かりと懐中電灯を頼りに、「怖い!」「寒い!」と言いながらも
みな歩いていきました。


夜の真っ暗な山道を歩くという体験は新鮮で、鹿の鳴き声が聞こえたり、
月明かりに照らされた小川に見入ったりと、五感が研ぎ澄まされます。
夜の保津川沿いはとても神秘的です。

IMG_8494_R.jpg
(昼歩くとこんな感じ。紅葉の時はモミジのトンネルができる。)


千光寺につくと大林住職とお手伝いの方があたたかく出迎えてくれました。


千光寺はまたの名を大悲閣と云い、黄檗宗のお寺で鎌倉時代に
建てられたそうです。嵐山の中でも知る人ぞ知る穴場で、芭蕉や漱石、
司馬遼太郎もここを訪れています。
本堂には江戸時代の豪商、角倉了以の木像があります。


少し鄙びた、風情のあるシブいお寺です。紅葉の時には絶景が見れます。

Senkouji_R.jpg
(大河内山荘から見た千光寺。山中にひっそり佇む感じがカッコいい。)


お堂の中に入り、まずみんな温かいお茶でほっこり。


窓の外には山の向こうに京都の夜景が広がります。そして空には真っ白な
満月がときどき雲に隠れながらも煌々と輝いていました。
今回も雨でしたが、なんとか無事満月を見ることができました。(笑)

R0011202[1][1]_R
(法話の様子。写真中央に座ってらっしゃるのが大林住職。)

「月がきれいですね~!」と言いながら、住職はなにげなくお話を始められました。
住職は千光寺の由来や角倉了以の話や嵐山の話をはじめ、
きつねに化かされるという摩訶不思議なエピソードなどいろいろなことを話して
下さいました。
ふと「なるほどな~。。。」と思うような教訓が見え隠れする有難いお話でした。


そして途中からはブルースさんが登場しました。
R0011217[1][1]_R
(左手の住職の横にいらっしゃるのがブルース氏。)

ブルースさんは嵐山に店を構えるペンケース職人で、しゃべりのうまい
とても気さくな方です。嵐山や町のことに詳しく、ときに辛口のコメントも
聞けます(笑)
ブルースさんのこれまでの体験談や建築の話など
経験豊富な深い話が聞けました。
「京都駅ビルをどういうふうに思うか」なんて話もありました。

R0011231[1][1]_R
(お抹茶とお団子を味わいながら話をきく。至福。)


後半はお抹茶とお団子を味わいつつ、時間はあっという間に過ぎていき、
法話を終えても住職とブルースさんはまだしゃべり足りないという感じでした。
お二人とも長い時間協力して下さって本当にありがとうございました。
また裏の台所で寒い中手伝って下さったスタッフさんも本当にありがとうござい
ました。

その後みんなでお礼を言って、千光寺を後にしました。
そのあと夜の竹林を歩き、
「うえもり」という嵐山の京料理屋で懇親会をしました。



嵐山に夜訪れることはなかなか無い中で、
こういう場所で自然を楽しみながら法話を聞けるというのはすごく貴重な体験
だったと思います。
このようなあまり知られてないけど良い場所や、よく知られている場所の
あまり知られていない面など、嵐山には埋もれた魅力がまだまだあると思います。

今後もイベントやワークショップなどを通してどんどん発掘していきたいと
思います!

written by Hirai

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

討論会@立命館大学

立命館大学の建築の皆さんが、「Design Forum」という団体をつくって、ゲストを迎えての討論会を開催しています。その10月3日の討論会に、我々嵯峨嵐山プロジェクトがオファーをいただきました。

まあ実は、大西+百田がオファーを受けたのに、無理やり嵐山メンバーで押しかけたというのが本当のところなんですが…(笑)。

BKC(びわこくさつキャンパス)には初めて行きました。広いです。建物についてはよくわかりませんが、サブウェイがあるのが羨ましいです!


さて、討論会。大西+百田の建築プレゼンに次いで、プロジェクトのプレゼンをしました。
実は、プロジェクトについて大勢の前でプレゼンするのは初めてでした。言いたいことがいっぱいあって、でもまとまっていなくて…という状況でしたが、なんとか興味を持っていただけた様子。この準備のために思考が整理できたのもありがたかったです。

討論会は、どんな感じになるのかな~と最初はちょっと不安でしたが、始まってみると白熱、でした。
建築や街づくりに対する意識は、皆同時代の人間としてある程度共通のものをもっているように感じました。長い目でその場所と向き合って、人と向き合って環境をつくっていきたい。でも、建築家として、強い何かを社会に投げかけることもするべきだ。云々。

でもその中でスタンスをどうとるかは人それぞれだと思います。
うちのチームでも、大西+百田は建築をつくるところで勝負し、僕(北)はリサーチや企画寄り。他のメンバーもそれぞれに違うものをもっている。

立命の皆さんはなんと3回生が中心。自分たちから議論を仕掛け、いろんな人から吸収するというスタンスはすごいなと思います。
彼らのブログはこちら。
この討論会の詳細も書いていただいています。



ちなみに、「うちの3回生も負けてられへん…」と思ったかどうかは知りませんが、この日討論会に来てくれていた京大3回生の藤原さんが、後日メンバーに加わってくれました。
その後の彼女の活躍は目を見張るばかり…。

もしプロジェクトに興味があって、手伝ってくださるという方がいましたら、是非お声掛けください。



written by Kita

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報