FC2ブログ

討論会@立命館大学

立命館大学の建築の皆さんが、「Design Forum」という団体をつくって、ゲストを迎えての討論会を開催しています。その10月3日の討論会に、我々嵯峨嵐山プロジェクトがオファーをいただきました。

まあ実は、大西+百田がオファーを受けたのに、無理やり嵐山メンバーで押しかけたというのが本当のところなんですが…(笑)。

BKC(びわこくさつキャンパス)には初めて行きました。広いです。建物についてはよくわかりませんが、サブウェイがあるのが羨ましいです!


さて、討論会。大西+百田の建築プレゼンに次いで、プロジェクトのプレゼンをしました。
実は、プロジェクトについて大勢の前でプレゼンするのは初めてでした。言いたいことがいっぱいあって、でもまとまっていなくて…という状況でしたが、なんとか興味を持っていただけた様子。この準備のために思考が整理できたのもありがたかったです。

討論会は、どんな感じになるのかな~と最初はちょっと不安でしたが、始まってみると白熱、でした。
建築や街づくりに対する意識は、皆同時代の人間としてある程度共通のものをもっているように感じました。長い目でその場所と向き合って、人と向き合って環境をつくっていきたい。でも、建築家として、強い何かを社会に投げかけることもするべきだ。云々。

でもその中でスタンスをどうとるかは人それぞれだと思います。
うちのチームでも、大西+百田は建築をつくるところで勝負し、僕(北)はリサーチや企画寄り。他のメンバーもそれぞれに違うものをもっている。

立命の皆さんはなんと3回生が中心。自分たちから議論を仕掛け、いろんな人から吸収するというスタンスはすごいなと思います。
彼らのブログはこちら。
この討論会の詳細も書いていただいています。



ちなみに、「うちの3回生も負けてられへん…」と思ったかどうかは知りませんが、この日討論会に来てくれていた京大3回生の藤原さんが、後日メンバーに加わってくれました。
その後の彼女の活躍は目を見張るばかり…。

もしプロジェクトに興味があって、手伝ってくださるという方がいましたら、是非お声掛けください。



written by Kita
スポンサーサイト



テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報