FC2ブログ

愛宕神社千日詣り

愛宕神社の千日詣りに行ってきました!
千日詣りとは、7月31日夜から8月1日早朝にかけて火伏せの神 ( ひぶせのかみ : 火災を防ぐ神様 ) として古くから厚い信仰を集めている愛宕神社へ参拝すると千日分の火伏・防火の御利益があると云われるお祭りで、正式には千日通夜祭(せんにちつうやさい)と云うそうです。
愛宕神社の歴史は古く、大宝年間(701~704)に神廟が建立されたのが始まりとのこと、
現在の嵯峨鳥居本の街並みは愛宕神社の門前町として発展したそうです。
この機会に登って、お参りするとともに千日分の御利益をいただこうと意気込んで、
メンバーの北さん、北さんと同研究室の高田くん、そして千葉で出かけてきました。

まずは一之鳥居。
R0012120.jpg
このプロジェクトで何度となく目にしているこの鳥居ですが、夜間に見るのは初めてです。
1日の午前0時前くらいにこの鳥居をくぐって、清滝トンネルのほうへ。トンネルは通行禁止なので、試峠を越えます。
この試峠は、愛宕山に登れるかどうかまず試みる峠で、古典落語『愛宕山』にも出てくるそうです。
わたしもこの峠ですでに息がきれました。。
試峠を越えて、トンネルを越えると、市バスの停留所があり、いよいよお参り、という感じです。
そして、橋をわたり、いよいよ登っていきます。道沿いには延々と電球がつるされてあり、意外と明るいです。
R0012123.jpg
夕方から登っていた人たちと続々とすれ違います。
このとき、「おのぼりやす。」と声をかけてくれます。返しにいう言葉は、「おくだりやす。」とのこと。
この先ずっと、この「おのぼりやす」「おくだりやす」を言い合いながら登っていきます。
声を掛け合うと、やはり暖かで元気づけられます。
(登っているときは息もたえだえに言ったり言えなかったりもしましたが…。)


けっこうきつい!と疲れたところに見えた看板が(4/40)であり、まだ10分の1、と思ったときは気が遠くなる思いでした。千日分はやはり伊達じゃない。
明智光秀も、戦勝祈願のために愛宕神社に参蘢したそうで、この道を登っていったのでしょう。
半分より少し登ったあたりで、京都の夜景が!
そしてところどころで聞こえる子供の泣き声。
これは、「3歳までに千日詣りに行くと一生火事にあわない」という言い伝えがあるそうです。
子供を背負って登る方々、大変でしょうが子供のためと登っているのでしょうね。親の愛情です。
到着したのは3時前。2時に行われる朝御饌祭にはとうとう、というか全く間に合わず…。
北さんや元登山部の高田くんは全然元気なのに、私のためにたくさん休憩をとってもらい、ゆっくり登らせて頂きました。
日ごろの運動不足…すみません、ありがとうございます。
来年体力つけておきますんでできればまた登りたいです。

黒門を抜けて、本殿の門の前で達成感のある北さんと高田君。
R0012128.jpg

門を抜け、水分を補給したあとも、急な階段が続きます。
やっとのことで本殿へ。たくさんの人で賑わっています。
R0012132.jpg
ちょうど朝御饌祭が終わりのようでした。
R0012137.jpg

そしていよいよお参り。
ここまできたという達成感と、こんな深夜に人々で賑わっている違和感。
そして高い山の上部にこのように立派な神社が鎮まっていることに、とても不思議で厳粛な雰囲気を感じました。

本殿の格天井、そして上部には、見事な欄間が並んでおりました。
R0012145.jpg
ふっと見ると、私たちより一時間半も遅れてのぼり始めたはずの山口さん(北さんと同研究室)が手を合わせてお参りしていました。早い…

そして、一緒に本殿の奥へと。
R0012158.jpg
日の出を待っているのか、たくさんの人が横になったりして休憩をとっています。
あとで航空写真を見るとわかりましたが、この神社はたいへん奥に深い神社でした。
奥までお参りをすませた後、京都の台所にはほとんど貼られているという「火廼要慎(ひのようじん)」と書かれているお札を手に入れました。
これで家族は千日は火災から守られるでしょう…ありがたいです。

すこしゆったりと休憩をした後4時前から下山。
くだりのなんと楽なことか…。あんなに苦しかった道もすいすいと降りていきます。
すこしずつ明るくなる山の中。
R0012162.jpg
京都市がきらきらして見えます。
そして、また試峠を越えて、鳥居本まで帰ってきました。
これは帰り道後ろを振り向いたところ。時刻は朝の6時です。
R0012171.jpg

最後、清涼寺にお参りして、帰路につきました。
R0012180.jpg

真夜中に、電球のぶらさがった4kmほどの山道をたくさんの人がえんえん粛々と歩いて、お参りする。
今と昔が交叉するような感覚、登るのは大変でしたが、今回とても貴重な体験となりました。
参拝でき、本当によかったです。

行ったことのない方はぜひ千日詣りを体験してみてください!

written by chiba

雨の嵯峨野

雨の嵯峨野はとてもいいです。
贔屓目でも何でもなく、梅雨は一番いい季節かもしれないと思うのです。

何がいいかというと、

①苔がきれい
②雨の音やにおいがいい
③暑くない
④人が少なくて静か

竹林や渋い社寺をぽろぽろ歩くには、本当にいい季節です。



先日も、家族が京都に遊びに来たので、嵯峨野を案内して回りました。
1日たっぷりかけて、

天龍寺→竹林→御髪神社→常寂光寺→落柿舎→清涼寺
→「おきな」で食事→「森嘉」で豆腐を買い物
→厭離庵→祗王寺→化野念仏寺→鳥居本→愛宕念仏寺
→「嵯峨野湯」でお茶→「ブルース」でペンケース選び

…と、自分で書いてびっくりするほど歩きまわりました。

最初は「雨や、大変やなあ」と言っていましたが、いやいや、
雨だから快適に、美しい嵯峨野の街を見られたのでした。

特に清涼寺、祗王寺、鳥居本などは好評でした(あまり知られてないですからね)。


DSCN4976.jpg
清涼寺の庭園(高名な阿弥陀如来像も拝めます)


DSCN4989-2.jpg
苔が美しい祗王寺(ある雑誌によると京都の寺の満足度第一位だとか…)



もう一度。
雨の嵯峨野はとてもいいです。
おこしやす。



written by Kita

三船祭

三船祭に行ってきました!

三船祭は、芸事の神様として知られる芸能神社を境内に持つ、車折神社というところで神幸式を行ったあと、
行列となって神社を出発し、渡月橋を渡って中之島公園まで行き、
大堰川(おおいがわ)において、御座船・龍頭船・鷁首船など20数隻を浮かべて、
御祭神である清原頼業公が活躍された平安時代の船遊びを再現するという、
昭和3年からはじまった、比較的新しいお祭りです。

車折神社では、帆のような白い布で三方から囲まれたお出ましの式が厳かな雰囲気の中でとり行われておりました。
そこから行列が出発。
天女装束をまとった子供たちや、R0011766.jpg

牛ごと表現されている牛車。
R0011772.jpg

華やかな行列とともに川沿いまで出て渡月橋まで向かいました。
そこからはメインイベントの舟遊びです。
ものすごい拝観者とともに盛り上がります。(その数、10万人ほどといわれているようです。)
船が一列になって川を上っていきます。
R0011788.jpg
バックの青い山々も本当に綺麗です!!
嵐山の名の通り、少し異様なぐらいもりもりした自然の山が連なって、
今も昔も変わらない風景なのかなぁ、と平安時代の想像を膨らませることができます。

千光寺へ向かう山道より。
R0011792.jpg
真ん中少し左の建築物の乗った船が、神儀がご乗船の御座船です。
平安時代の遊びというのは現代から考えてみても風流で豪奢です。さすがです。
このあと天女の雅楽舞や扇流しなど、もりだくさんでした。


私は初めてこの三船祭を見に行きましたが、
お祭りというのはその雰囲気や音、光、様々な要素の集合体であって、
実際の感動をなかなか言葉でうまく説明できないものですね!
特に、綺麗な青葉の楓の中、神社で行われていた祭事については、祭事に関わる人々が多く、(地域、神社の人?)
渡月橋からも少し距離があるため静かで厳かで、舟遊びとはまた違った独特の雰囲気がありました。
(写真を撮り忘れてしまいました・・・。)

嵯峨・嵐山は地域としては広いため、各地で様々な祭事があるようです。
深い…
嵐山という場所について、また一つ知ることができた一日となりました。
これからもどんどんこういった嵐山でのお祭り、イベントに参加していきたいと思います!





おまけ。祭のあと、の渡月橋。
ふんわりとした夕焼けと飛行機雲の一本の輝線が、終わりを美しく締めくくっておりました。
R0011806.jpg


written by chiba

活動2年目

お久しぶりです。


嵯峨嵐山プロジェクトは活動2年目を迎えました。
冬の間はそれぞれ論文を書いたり、設計をしたりと、
プロジェクトは冬眠期間だったのですが、
春前から、次の活動に向け動き出しました。

できることから、こつこつと。


夏ごろにまたリサーチイベントをたくらんでおります!
下の絵はそのヒントです。


2010夏のリサーチ



written by Kita

嵐山花灯路

嵐山花灯路に行ってきました!

花灯路は、冬の夜の嵯峨嵐山のいろいろな場所をライトアップしたり、灯篭を置いたりして照らし出し、そこを歩いて楽しもうというもの。幻想的な風景に、たくさんの人が訪れます。私たの活動テーマのひとつでもありますが、嵯峨嵐山の夜の魅力を活かそう!という考えのようです。


大体の見所が渡月橋~二尊院あたりの道にあるのですが、少し離れた大覚寺でもライトアップしているので、まずそこに行きました。
これが大沢池の写真です。

DSCN4122[1]


大覚寺は僕は初めてでしたが、その大きさにびっくり。さすが嵯峨天皇のお住まいだっただけあって、非常にやんごとなき空気が漂っているのも、他のお寺との違いです。
よく手入れされた美しい建築が、しんと澄んだ空気の中ライトアップされているものですから、最高の美しさでした。
(それにしても廊下が冷えました…)


その後バスで長辻通りまで戻り、常寂光寺へ。
階段を上り、見返しの夜景がキレイ!
夜景は夜の魅力の大きな要素です。嵐山には夜景スポットのイメージがないですが、この常寂光寺の他、法輪寺、そして千光寺と、結構あるのです。まあ普段は夜入れないのが残念なところですが…。

あとは竹林を通って帰りました。
これも勿論きれいなのですが、問題は写真に撮ってもブレるということです。上の大沢池の写真もなんかおもちゃっぽいですね…。
きれいな写真はこちらのページでどうぞ。
http://www.hanatouro.jp/


やっぱ夜にライトアップはええな~と単純に思ってしまいます。
ただ今年の花灯路は以前に比べると人出が少ないように感じたのですが、どうなのでしょう???



さて、この日食べたもののご紹介。

まずは「たまごや」。落柿舎近くにあります。
露店でゆで卵を売っている…それだけなんですが、ウマイ。

歩いた後はJR嵯峨嵐山駅の北にある「いのうえ」に。
カウンターに並んでいる料理を指差して盛ってもらう形式の、家庭的な感じの居酒屋さん。
ここもウマイ…ウマすぎなんです。
僕は迷わず熱燗を注文。ごちそうさまでした。


次は、嵐山で熱燗に酔いつぶれるイベントを企画します(嘘)。
よいお年を。



written by Kita

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報